Unityでマルチプレイヤーゲームを構築しよう。 SteamとPCに最適

Photon Bolt の特長

Unityのリアルタイムマルチプレイヤーゲームに対応するP2Pネットワークエンジン

状態の複製

ゲームオブジェクトのtransformやユーザー定義可能なプロパティを、コーディングなしで自動的に複製します。 ビジュアルエディターを使用すれば詳細にプロパティを定義かつカスタマイズでき、またアクセスが容易になります。

Mecanimの複製

Mecanimアニメーションはネットワーク上で自動的に複製されます。 追加のコーディングをすることなく、すべてのキャラクターのアニメーションが完全に同期されます。

オーソリテーティブな動作

オーソリテーティブゲームを構築している場合には、ビルトインのソリューションが便利です。 クライアント側で予知できるオーソリテーティブな動作とラグを補正するレイキャスティングが可能です。 こうした機能はPhoton Boltにしかありません。

協力なイベントシステム

Boltにはビルトインのイベントシステムがあり、イベントを適切な受信者に配信できます。もちろん自由にコンフィグレーションでき、自動化が可能です。 イベントは特定のゲームオブジェクトを対象にするか、またはグローバルに展開できます。 イベント配信の調整には、3つのモードがあります: Unreliable、Unreliable Synced、Reliable

すべてのプラットフォームで作動

BoltでUnityマルチプレイヤーゲームを簡単に構築して、PC、Mac、モバイル、VR/ARやコンソールでリリースしましょう。Steamworksの使用をご希望ですか?弊社のBolt向けSteamアドオンをご利用ください。

マスタークライアントとリッスンサーバー

Boltは、従来の専用サーバー形式や、リッスンサーバー形式(サーバーがマスタークライアントと呼ばれる別のユーザーとなります)をサポートします。 あなたのゲームにセッションディスカバリー機能を追加すると、ローカルLANやWiFiで稼動するサーバーを自動的に見つけられるようになります。

ネットワーク化されたシーンローディング

シーンローディングのネットワーク化により、ネットワ全てのプレイヤーがいつマップにロードされたかが確実に分かります。

クラウド マッチメーキング

プレイヤーをランダムまたはパラーメーターを設定した検索でゲームにマッチングします。 開いているルームのリストを作成し、プレイヤーが選択できるようにします。

クラウド リレー

Boltのクラウドリレーを使用すれば、プレイヤーは迷うことがありません。 ゲームクライアントが直接接続できない場合は常に、クラウドリレー経由でシームレスに接続が確立されます。保証済みです。

Unity アセットストアからダウンロード。


Photon Bolt Unityアセットストアパッケージ

Photon Bolt Unity Asset BOLTはピアツーピアのネットワークエンジンです。Steam対応のゲームの場合、またSteamworksのネットワークリレーサービスを使用する場合やクライアントサーバー・アーキテクチャを構築する場合に推奨されます。強力なイベントシステム、オーソリテーティブな動作、mecanimレプリケーションなど豊富な機能が実現されます。
購入する Bolt


Photon Boltアーキテクチャ

Boltはいわゆる「リッスンサーバー」です。 リッスンサーバーは専用サーバーと同様に稼動しますが、ゲームクライアント(マスタークライアント)と同じプロセスで稼動します。 すべての通信はこのマスタークライアントを経由して転送されます。

これには利点(専用サーバーのコストが不要、低レイテンシー)があり、またP2Pアーキテクチャの典型的な問題点(ピア間の同期が困難、接続環境の悪いプレーヤーが全プレイヤーのレイテンシーを増加させるなど)を回避できます。

Photon Bolt は、最大プレイヤー数が16人までのルームベースのゲームに最適です。 例えばMMOゲームなどでは、マスタークライアントのインターネット接続がボトルネックとなります。 Photon Server を参照してください。

最初に接続したゲームクライアントが、ゲームセッションのマスタークライアントになり、ゲームルームを作成します。その後、追加のプレイヤーがルームにマッチングされます。

ローカルネットワークでは簡単におこなえるクライアント間の接続やマッチングは、オンラインゲームでは非常に複雑になります。Photon Boltの統合マッチメイキングやリレーサービスを使用すれば、接続時の問題を解決でき、プレイヤーのマッチングも容易になります。


Zeusのパンチスルーテクノロジーは、マスタークライアントをルーム内のすべてのゲームクライアントと接続します。

クライアントがマスタークライアントに直接接続できない場合には、リレーサービスが必要です。Boltのグローバル・リレーサーバーを使用すれば、すべてのプレイヤーが接続可能でき、低レイテンシーが保持されます。


Photon BoltはSteam対応

BoltはSteam SDKに対応しており、開発者のレベルにかかわらずSteamworksの機能セットを活用できます。 Steamworksのマッチメーキング、パンチスルー、リレー機能はとても簡単にBoltのSteamworkの高レベルAPI とインテグレーションでき、低レベルAPIは不要です。

SteamworksのAPIは Greenlitゲーム にのみ認められていますが、BoltとZeusでマルチプレイヤー機能の開発やテストを始められます。

Steam対応のPhoton Boltは、Steamで2,000万本以上販売されたサバイバルホラーFPSの The Forest で使用されています。


リレーサービス

ゲームクライアントがNATパンチスルー経由でマスタークライアントに接続できない場合には、Photon Relay(近日発売予定)またはSteamworksのリレーサービス経由で接続されます。

特にモバイルネットワークでは、全てのプレイヤーが確実にマスタークライアントに接続できるためにリレーサービスは必須です。

パンチスルーが失敗した場合、接続はPhoton CloudまたはSteamworkのリレーサービスによってリレーされます。

LANやWiFiゲームとPhoton Boltの相性が抜群

リッスンサーバーには特別なインフラやセットアップは不要なため、LANゲームに最適です。 Photon Boltのセッション検知機能は、ローカルLANやWiFi上で稼動するサーバーを自動的に検知します。このため、接続やプレイヤーのマッチングが非常に容易になります。

BoltはLAN/WiFiでアクティブなセッション上にあるクライアントをすべて検知します。

Unity アセットストアからダウンロード。